【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンにも入会しました。

スポンサーリンク

【POGのお話】2021-2022シーズンで気になる馬⇒~ブルーメンブラットの2019~

勢いが止まらないエピファネイア産駒

エピファネイア産駒の勢いが止まりません。初年度産駒でデアリングタクトを出し、2021年度の種付け料を1,000万円の大台に載せました。

さすがにデアリングタクトに続く活躍馬が出ないと生産者の支持も減ってきそうと思わせておいて、共同通信杯をエアフォーリアが制すという。。。エアフォーリアが牡馬クラシック路線を騒がせるでしょうし、改めてPOG的でも大注目の種牡馬になりました。

そんなエピファネイア産駒でどの馬が良いかと探すなら、やはりキャロットクラブの注目馬でしょう。ブルーメンブラットの2019です。

 

ブルーメンブラットの2019』(牝馬

馬名:フォラブリューテ

父:エピファネイア

母:ブルーメンブラット

母父:アドマイヤベガ

厩舎:宮田敬介厩舎

生産者: ノーザンファーム

POGで気になるポイント

2019年生まれのエピファネイア産駒はキャロットクラブで6頭募集されていますが、GⅠ勝ち実績を持つ母の元に生まれたこの馬が気になります。

 

ブルーメンブラットは現役時代に8勝。初勝利こそダートでしたが、それ以外はターフで1400メートルから1800メートルを守備範囲に堅実な活躍をしました。

後方からスパッと切れる脚を使えるようになってからは特に成績が安定。現役時代のハイライトは現役生活の最後に花を添えたマイルチャンピオンシップの勝利。府中牝馬ステークス(GⅡ)からの連勝というのもポイント高いですね。

 

そんな母ブルーメンブラットは引退をしてからは非サンデーサイレンス系の父を中心に本馬を含めて9頭の子を産んでいます。

デビューをした8頭のうち、実に勝ち上がった馬は7頭。勝ち上がり率87.5%!!優秀!!!母自身がキャロットクラブ所属の馬だったこともあり、育成側のノーザンファームも母の産駒の育成法を手の内に入れているのかもしれませんね。

ただ、贅沢を言うのであれば、母のように重賞勝ち・GⅠ勝ちをするような代表産駒がまだ出てきていないことでしょうか。

既に母も高齢出産の域。出来れば晩年に大物が欲しいのがノーザンファーム側の偽らざる想いのはず。だからこそ、キャロットクラブ出身の種牡馬であり、サンデーの4*3を自然に体現できるエピファネイアを配合したのではないでしょうか。

 

配合的には上記したサンデーの4*3はもちろんのこと、母ブルーメンブラットの中にあるNorthern Dancerのクロスを父側からも強調しており、さらにHail to Reasonの血も濃いことからスピードで不足することない配合に思えます。

芝とダートで言えば、7:3くらいで芝向きでしょうか。POG期間の牝馬のダート路線は「不遇」の一言ですので、芝向きに思えるのは安心ですね。桜花賞オークスはもちろんですが、如何にもフローラステークスあたりがピッタリな舞台に思えます。

 

本馬の場合はあとは仕上がり具合ですかね~

ノーザンファームの育成馬であるだけに極端にデビューが遅くなることは無いとは思いますが、5月2日と遅生まれであるだけにPOGのドラフト前にはデビュー情報をキャッチしたいところ。

 

半兄も新馬勝ちしていますし、ドラフト上位で指名検討したい一頭です。