【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンに入会、2021年にインゼルにも入会しました。

スポンサーリンク

【POGのお話】2022-2023シーズンで気になる馬⇒~アンナモンダの2020~

好きな種牡馬の産駒応援シリーズ②

好きな種牡馬産駒応援シリーズの第二弾。今日はヴィクトワールピサです。

2010年のクラシックでは皐月賞を勝利。エイシンフラッシュと同様、皐月賞の勝利より2011年のドバイワールドカップの勝利を思い出す方も多いのでは。あの勝利は泣きましたね。心が落ち込んでいた時でしたから。

今日は『アンナモンダの2020』です。

『アンナモンダの2020』(牝馬

父: ヴィクトワールピサ

母: アンナモンダ

母父:Monsun

厩舎:不明

生産者:社台ファーム

POGで気になるポイント

 

 

ヴィクトワールピサは初年度よりジュエラーを出して、フィリーサイヤーとしての地位を確立しています。

ただ、近年になって種付け頭数も100頭を割り込むようになり、2020年にはトルコに輸出をされてしまっため、今、日本に残っている産駒は貴重な産駒になります。

フィリーサイヤーであるがゆえ、BMSとしての地位もまた確固たるものにしそうですが、2020年産駒が残っている以上、まだまだ期待したい。

本馬の母アンナモンダは、イタリアでヴィトリオディカプア賞を勝利。マイルの芝のGIですね。来日してからは11頭の産駒を産んでおり、既デビュー組の国内での勝ち上がり率は6/10とまずます。そのうち3頭は複数勝利をあげていますから、高齢出産とは言いつつ、最後のあたり頃がありそうにも思えます。

ヴィクトワールピサ自身はネオユニヴァースの直仔のため、強いサンデー系インブリードクロスは出来ませんが、どんな繫殖牝馬を付けてもキレッキレなのが牝馬の産駒。だからこそ、芝のマイル重賞でちょくちょくヴィクトワールピサ産駒をみかけるのかもしれませんね。

 

とはいえ、本馬の場合も流石にPOGで指名するには…ちょっと迷いますかね。沢山指名できるPOGならアリか。。。

一口でグリーンファームで募集されているように、一口馬主では将来性も含めて面白い馬だと思うのですが。

応援枠の一頭です。