【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンにも入会しました。

スポンサーリンク

【ユニオンの1歳馬を見てみよう】兄が順調な活躍を見せる『ジャジャマーチャンの2018』&超貴重なオールステイ産駒『サイタの2018』

 

マメ知識番外編:ロードの2歳馬ロードソリッド(募集中)

ちょっと前にユニオンの2歳馬は募集を締め切られてしまったのですが、ブログ主が入会しているもう一つのクラブであるロードではまだ2歳馬の募集をしておりまして、その中で「いいなあ」と思っていたキズナ産駒ロードソリッドが5月17日で出資を締め切るようです。

(参考:https://www.hot-river.net/entry/lord-solid

(参考:https://www.lord-to.co.jp/boshuba.html

育成自体は非常に順調で、これから栗東の清水厩舎に入厩するようですね。

先日、中央初勝利を芝コースであげたキズナ産駒ですが、本馬の適性はダートと言われています。キズナ産駒について、「ダートもやれそう」というコメントがポツポツと聞こえてきており、ユニオン募集の1歳馬も血統だけをみると芝・ダートに両方に適性を示しそうな模様。ロードソリッドはどうなるのかな。デビューが楽しみですね。

さて、今日のレビュー。兄が順調な活躍を見せる『ジャジャマーチャンの2018』と超貴重なオールステイ産駒『サイタの2018』です。

PEGASUS23 ジャジャマーチャンの2018

概要

父:モーリス

母:ジャジャマーチャン

母父:アドマイヤコージン

総額:3,000万円(200口×150,000円)

預託厩舎:清水久詞

コメント・所感

モーリス産駒については『マスターエクレールの2018』のレビューでも書きましたが、ブログ主は初年度は様子見をしようというスタンスです。

(参考:https://www.hot-river.net/entry/2019_PEGASUS11%2C12

また、本馬の出資額は予算の倍以上のため、出資が難しいのは正直なところ。

ですが、本馬の血統を見ると、母の全姉はアストンマーチャンスプリンターズステークスを制しており、阪神JFでも2着に入った実績馬です。母ジャジャマーチャン自身は未出走ですが、ドリームジャーニーを父に迎えた産駒2頭があと一歩で重賞に手が届くという活躍をするなど、繁殖牝馬としてのポテンシャルも優秀。

ユニオンの2019年募集馬の中、200口募集で3頭しかいない一口出資金10万円越えをしている理由がわかる気がします。

※ちなみに、清水厩舎へ預託される馬の中でも一番の高額馬です。

 

PEGASUS24 サイタの2018

概要

父:オールステイ

母:サイタ

母父:ネオユニヴァース

総額:1,200万円(200口×60,000円)

預託厩舎:羽月友彦

コメント・所感

本馬の父オールステイは目立った成績を上げることが出来ませんでした。ですが、トーセンラースピルバーグの甥っ子でもあります。ということは、祖母は名牝プリンセスオリビア。血統はピカピカの良血馬です。

…まあ、そういった血統面よりも、そもそも本馬の生産地を語れば「これぞユニオンの魅力!」と胸を張りたくなるユニオンファンの皆さまもおられるのでは。なんと本馬は九州生産馬です。どういう経緯でユニオンで募集されることになったのでしょうか。おそらく、関係者同士の深いつながりに違いないのでしょうが、ドラマがありそうで非常に気になります。

ちなみに、父オールステイの2017年の種付け頭数はわずか4頭。そのうちの貴重な一頭が本馬でもあります。

ちょっと、ロマン(?)の香りがし過ぎて検討の対象外ではありますが、今年ユニオンに入会した一年生であるブログ主としては、ユニオンの神髄を感じた一頭です。