【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンにも入会しました。

スポンサーリンク

【ユニオン2019年1歳募集馬】新種牡馬エイシンヒカリ産駒♪『ブリーボーンズの2018』&米三冠馬American Pharoah産駒(!)『ホワットアスポットの2018』

 マメ知識:今年のユニオン平均募集価格は?

いきなりレビューに入るのも味気ないので、何となく書いているマメ知識コーナー。今日は平均募集価格について。

今年のユニオン2019年1歳馬募集馬の平均募集価格は1頭1,667万円でした。去年と比べると平均値は100万円くらいアップしています。ちなみに、一口の平均価格は70,000円なり。

セレクトセールで先行募集馬を購入するようになってから若干平均募集価格が上がるようになった(ぶーぶー)…と某インターネットの掲示板で見ましたが、実際どうなのでしょうかね。今年の春からの新規会員であるブログ主としては200口募集でも5万円前後の募集馬がいるのは予算感にあって嬉しいです。

さて、今日のレビューを開始。

今日は新種牡馬エイシンヒカリ産駒♪『ブリーボーンズの2018』と米三冠馬American Pharoah産駒(!)『ホワットアスポットの2018』です。 

PEGASUS9 ブリーボーンズの2018

概要

父:エイシンヒカリ

母:ブリーボーンズ

母父:Hesabull

総額:1,000万円(200口×45,000円)

預託厩舎:高橋義忠

コメント・所感

母ビリーボーンズはアメリカでGⅢを制覇。アメリカで身ごもったTapit産駒を含め、本馬が7頭目の産駒になります。本馬の兄姉で目立った活躍馬はまだいないですね。

父はディープインパクトの子供世代でもファンが多いエイシンヒカリ。今年のユニオンでは唯一の募集です。ちなみに、エイシンヒカリの初年度の種付け頭数は86頭とのこと。初年度から100頭を割っているとは、想像より少ない…生涯1着以外は掲示板すら載らないという気持ちいいほどの逃げ馬でしたので、生産地でも評価が分かれているのかもしれません。

厩舎には高橋義忠厩舎。毎年、安定した成績を残していますが、ノーザンファーム以外の預託馬でも良績を上げているのが個人的には素晴らしいと思います。ファインニードルとかメイショウテッコンとか、条件も幅広で構える柔軟性がありますね。

そして、本馬に関しては一口価格も手頃。

父のスピードが遺伝すれば、母自身のダートの短距離の活躍馬ですので、芝・ダート兼用の先行馬として成長しそうです。

一方で、個人的にはムラ馬であった父の印象がどうしてもぬぐえないため、産駒全体の傾向として「トントンと連勝するけど、ダメになったらサッパリ」、そんな産駒が多くなる気がするんですよね。得意条件も父が重めのヨーロッパ馬場で圧巻のパフォーマンスを見せたように、ある程度限定されてきそうなイメージ。

うーん、エイシンヒカリ産駒は初年度はスルーしていきたいかなあ。

こうやって、先物買いの先駆者利益を逃すのが自分の人生だとわかってはいるのですが…

 

 

PEGASUS10 ホワットアスポットの2018

概要

父:American Pharoah

母:ホワットスポット

母父:Arch

総額:2,600万円(200口×130,000円)

預託厩舎:高柳大輔

コメント・所感

今年度のユニオンの募集馬を見た時に、「すげー」と大きめにつぶやいてしまったのが本馬。37年ぶりにアメリカのアメリカクラシック三冠馬となったAmerican Pharoah産駒が堂々のラインナップです。

アメリカの三冠競争はケンタッキーダービープリークネスステークスベルモントステークスとなっています。ダート競争だとか、そもそも少数頭になりやすいとか、色々と日本のクラシック競争との違いはありますが、何よりも違うと思うのは日程感覚の短さです。この5月上旬から6月上旬まで、約1か月の間に3つの距離が違うGⅠを勝たなければならないという過酷さ。まるで甲子園並みです。大リーグはあんなに登板間隔や球数制限が厳しいのに。

 

結局、「伝統」だと言えばまかり通るのは世界共通なのでしょうか。

 

いえ、話を戻します。American Pharoahはそんな過酷な三冠をすべて一着で駆け抜け、しかも古馬になった後も引退レースのブリーダーズカップ・クラシックも勝利したのですから、アメリカ競馬界の至宝です。初年度の種付け料はなんと20万ドル。ディープインパクトでさえ、初年度の種付け料は1,200万円でしたから、その評価と期待値の高さがわかるというものです。

母ホワットアスポットはキーンランド繁殖牝馬セールで落札されて日本にやってきたRobertoとDanzigを持つArchの産駒。競争成績としては米国1勝を挙げたのみですが、Northern DancerHail to Reasonのクロスを持っており、日本競馬への適応力もありそう。

当然ダートで下ろすのでしょうが、厩舎は高柳大輔厩舎。去年と今年にかけてあげている22勝のうち、21勝がダートであることからわかるように、ダートに強みをもつ先生ですので、相性はばっちりです。

で、最後に一口価格。…でも、お高いんでしょう?と聞いてみたくなりますよね。

 

はい、130,000円です。ブログ主は完全に予算オーバー。

American Pharoahの種付け料が20万ドルですから当然と言えば当然。400口募集にしてくれたら出資最優先候補だったと思います。悔しい!(笑)

 

追伸:American Pharoahの『Pharoah』の正しい綴りは『Pharaoh』なんだとか。登録の時に間違えてしまったのがそのまま登録されてしまったらしく。アメリカ競馬史に名を刻む名馬になるとはまさか思わなかったんでしょうねー