【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンにも入会しました。

スポンサーリンク

~POGトピック~2019年シーズン厳選 新種牡馬指名のコツ リアルインパクト、エピファネイア、キズナ、最後にヴァンセンヌ

 今年の新種牡馬からもせっかくなので、ピックアップ

出資馬検討の際も気にはなっていましたが、今年は新種牡馬が熱い年です。この新種牡馬ウェーブに乗るかどうかというのはPOGでは非常に重要な課題。基本的には慎重なスタンスで私は考えてきましたが、一頭の馬にじっくりと向き合う一口馬主を始めてから大分考えが変わりました。

過去の産駒の傾向がわからない中、どういった馬に育つのか、それも予想する楽しさが新種牡馬にはあるんですね。ぜひ、POGを楽しむ皆さまも、新種牡馬を指名してこの気持ちを楽しんでほしいです。

 

種牡馬リアルインパクトエピファネイアキズナ、最後にヴァンセンヌ

ラウダシオン(アンティフォナの2017)

父:リアルインパクト

母:アンティフォナ

栗東・斎藤崇厩舎に預託される予定です。既にデビューが6月22日阪神と決まっています。

リアルインパクト産駒はディープインパクト後継種牡馬マイラー路線)の主役を張っていくのではないかと注目をしていますが、本馬はそのリアルインパクト産駒のトップバッターになるかもしれません。

母はダノンシャンテイやローズキングダムを迎えても中央で勝ち上がりさせるような良い仔出しをする馬ですので、安定感という意味でも期待できる。

しかし、シルクはこんなポテンシャルを秘めていそうな種牡馬の馬が5万円で出資できるんですね。羨ましい。

エルセンブルグ(アイスフォーリスの2017)

父:エピファネイア

母:アイスフォーリス

美浦・相沢厩舎に預託される予定です。ゲート試験に合格しているエピファネイア産駒。私はエピファネイア産駒では、こういうパワータイプの馬が活躍するんじゃないかと思っています。母父がステイゴールドですからダートでも勝負できる馬だと想像しますし、サンデーサイレンスの4*3が自然に作れているというのも当然ポイントです。

中山や阪神などで如何にも強そう。京成杯とか勝ちそうですね。もし芝がだめだとしても、ダートで勝ち上がりは硬いでしょう。POGでの指名にもピッタリです。

ファートゥア(アロマティコの2017)

父:エピファネイア

母:アロマティコ

美浦・手塚厩舎に預託予定。キングカメハメハ産駒の牝馬は分が悪いと言われる中、母のアロマティコは重賞路線でも活躍した稀有な馬でした。今回、2番仔の相手として新種牡馬エピファネイアを迎えているのですが、血統的な特徴はやはりサンデーサイレンスの4*3のクロス。エピファネイアはこのクロスを無理なく作れる種牡馬ですので、大物は間違いなく出てきます。問題はどれを指名するかで、本当はエピファネイア自体はロベルト系なので牝馬よりも牡馬のほうが良いのかもしれませんが、上がりの早かった母と血が伝われば面白いと思ってピックアップです。まずダートでははなく、芝を使うと思われるのも牝馬という観点ではプラスですね。

エターナルボンド(シュピッツェの2017)

父:キズナ

母:シュピッツェ

美浦・伊藤圭厩舎に預託される予定です。母親はドイツのGⅡを勝っています。キズナの配合として、推測と話されているのは「アメリカの軽い血統」の母はよいのではないか、ということ。本馬の祖母はそれとは逆に、ヨーロッパのドイツ血統です。ですが、「馬体が非常に雄大キズナそっくり」と言われていることから非常に気になっています。今年一年振り返ってみてどうなるか。母親の実績は申し分ないので、キズナの成功配合検証のためにも重要な一頭ですね。

ロードベイリーフ(ショウナンアオバの2017)

父:ヴァンセンヌ

母:ショウナンアオバ

栗東・森田厩舎に預託される予定です。入会しているロードは締め切り⇒即抽選ということはあまりない緩さが魅力のクラブでもあるのですが、去年は3頭の馬が抽選対象になりました。そのうちの一頭が、この馬です。

サマーセールでも非常に評判が良いと噂になっていた一頭で、貴重なヴァンセンヌ産駒かつ、父方の母父ディープインパクト、母方の母父キングカメハメハという次世代を占う配合でもあったことから人気をしたようです。

私も狙ってはいたのですが、それでも、もう締め切り?!って感じでした。個人的には、ヴァンセンヌ事件と呼んでいます(笑)

既に千葉ケイアイファームに移動していて入厩も見えている状況。栗東・森田厩舎は短距離に強みを持つ厩舎ですから、2歳戦からすごく楽しめそうな一頭です。出資はできなかったので、POGで指名させてもらうかな…

以上。POG馬チェックでした。

以上、ディープインパクトから始まって、最後はディープインパクト産駒で最も地味な種牡馬(?)ヴァンセンヌ産駒で終わるという形になりました(笑)

日刊POGのエントリーは明日の15時。忘れないうちに今日中にエントリーしてしまおうと思います。

皆さま、今年も良いPOGシーズンをお過ごしくださいませ。