【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンにも入会しました。

スポンサーリンク

【一口クラブはどれがいい?】これが零細馬主向きの一口クラブだ(?!) ロードサラブレッドオーナーズ

 ロードサラブレッドオーナーズ

私が予算感を踏まえて一口クラブを検討してきた中、ノルマンディーを検討した際に気が付いた「勝てる馬を選ぶ」と「好きな馬を選ぶ」のバランスを踏まえ、改めてクラブを検討し直した時に浮かび上がってきたのがロードでした。

 

ロードの母体はケイアイファームという日高にある牧場です。つまり、社台系ではなく、独立の牧場系ということになります。本来であれば、この時点でいわゆる「勝てる馬」という条件が大きくマイナス…と最初は思ってました。

 

 

パンフレットから感じたロードカナロア推し

ただ、パンプレットを取り寄せ募集馬のラインナップを見てみると、ほほうと唸りました。というのは、ラインナップの前半、多くの募集場の父の名前があの世界的短距離馬だったからです。それは龍王こと、ロードカナロア

そして、血統的に筋が通った牝系、しかもスピードやダートで良績がある母馬の多くにロードカナロアが付けられていました。

 

まだ私が入会を決めた2018年はアーモンドアイが桜花賞を勝つ前で、ロードカナロア産駒の定期性距離は短距離~マイルくらいまでと言われていた頃。

 

「勝てる」の定義を広く捉えた時、いわゆるマイル~クラシックディスタンスは社台系の生産馬に独占されていることを否定する人は誰もいないでしょう。ただ、ダートと短距離に関しては話は別です。軽視していることはないのでしょうが、重視はしていないことは毎年の高松宮杯フェブラリーSの出走馬を見ても明らかです。

 

一口馬主という立場になった時、クラシックディスタンスで勝っても、1,200メートルで勝っても、1勝は1勝。ロードはある意味で『意図をもって』短距離とダートで勝つ馬を生産しにいっていると私は感じました。あと、ロードカナロアという自分の牧場が生産した種牡馬に対する想いも。

 

どんな形でも後世に子孫を、血統表に名前を。大げさに言ってしまえば、そんな愛を感じましたね。

 

「好きな馬」に出資できる!

それに加えて私の「好きな馬に出資する」の条件。

 

ロードはキャロットやシルクのような争奪戦がほとんどありません。

毎年、満口にならない馬も少なからずいるほどです。で、そういった馬が勝ちが上がらないかというと、そういうわけでもない。ラインナップ30頭前後のうち、毎年6割くらいが勝ち上がっています。それは特にキャロットやシルクに見劣りする値でもない。

 

ランニングコストが安い!

それに加えてもう1つメリットがあります。ロードはランニングコストが安いのです!

 

月額の会費が2,700円だったり、委託費が入厩しても1頭1,200円だったり。ホットリバーのようなお小遣い制一口馬主のエントリーにも最適です。2頭出資しても毎月かかる費用は5,100円。どうせ競馬で毎月それくらいは負けてます。

 

3つの決め手がそろった!

「勝てる馬」「好きな馬」「お金」

 

この3つのバランスが一番整っていると私が思えたクラブ、それがロードだったのです。今思っても絶妙でした。

 

もっとも、検討の後半になると、あとは自分の背中を押してくれるような要素を探してばっかりではあったのは否めませんが(笑)

人間は思いこむと都合が良いものしか目に入らなくなるものです。はい。明るい未来しか見えなくなる。バラ色の未来。あ、パトラッシュ、天使がそこに来ているよ。ほら、手を伸ばしてごらん。

結果、出資した2頭がちゃんと2頭とも早期に勝ち上がってくれたのは完全にビギナーズラックなのですが…まぁ、それは置いておいて…

今後、私が出資した2頭の愛馬について出資理由も含めて紹介したいと思います。